【経営】歯科医の資産運用 分散投資 (FX株編)

経営していく上で本業のみで運営していく上で 資産を増やすという事も大切です。
何かの為の 内部留保は多いに越したことはありませんし、
本業では身体を使って時間単位での収益を上げるしかないですが
株やFXでは ちゃんと考えて運用すれば  お金に働いてもらえる事があります(元本保証はありません)

自分が動けない時にも何かしらの収益の柱があることは身を守ってくれます。

マイナス金利の時代、銀行へ預けておくのは以前のように利子がつくというものでもないですので
「金庫に保管」しているだけです。しかも 引き出しATM手数料までかかるようになってしまって
自分のお金を引き出すだけなのに、実質徐々にマイナスになっていきます!!!

時々 「主婦がFXで脱税〇億円。」というタイトルのニュースが踊っていますし
株やFXに手を出したことが無い人には 「財産を失う恐ろしいモノ」というイメージがあるかもしれません。
【歯科医 資産運用FXへ ➡】

あれは 「信用買い、信用売り 高レバレッジをかけすぎ」という状態で起きる事ですので
現物買い、レバレッジ無しで行けば 預金よりも 配当金やスワップ金利 を受け取る事ができて
0金利よりも 大幅に 利息をもらうことができます。

私も 株やFXというのは特殊な人達がするものだ。 というイメージがありました。
反面、大人な感じ。もしていました。 経済についてもっと積極的になれるような。
練習してみよう!とその世界にはいり、時々怖い思いもしながらも
自転車の練習のように なんとなく感覚をつかめてきている感じです。(遊び程度です)

その経験から 「やはり預金と普段の仕事だけでは 普通にも資産形成は難しいな」との結論に達しました。

また、株とFXをしてみて 一番感じた事 「経済や世の中の動きに興味が出て 関連を考えるようになった」 です。
今まで対岸の火事であった戦争や大統領選挙などが 即株価や為替に影響を与えてきます。

株とFXの違いは 簡単に
@株は将来を見て買う事、持つことを予測できる。会社の業績に賭ける。
上場している株は沢山あるので選ぶのが楽しくもあり難しくもある

@FXは為替の組み合わせですが、国の状況により上がるか下がるかを予測するだけでいい。為替の上下に賭ける

株の場合 現物買いであれば 簡単に言うと 100円の物を100円で買っておく。 ことですので
それが 110円になれば 10円の利益。 90円になれば10円の損失です。(単純に書いています)

信用買いにすると約3倍の掛け金を動かすことができますので
100円で300円のものを買う事ができます。 110円になれば330円で 30円の利益
90円になったら 270円になり  300-270 で 30円の損。 ということですから 利益も損失も3倍になります。

FXも このレバレッジ(倍率)をかけて運用ができますから
少ない手持ちでも ある程度の運用ができるということなのです。

私が昔にしていたころは レバレッジ400倍!というのが普通にありました。。。(今から思うと怖いですね~)
1:400
単純に 100円で 40000円分の売り買いができるということです!

流石に利益が出る時には 大きいのですが、損失も大きくなるという ギャンブル性が高いような感じです。

ちゃんと証拠金、ロスカットというセーフティー構造はありますが
大きく変動したときには滑って確約されないときがあって恐ろしい目に遭う事があります。。

しかし、ほとんどレバレッジをかけなければ 1:1であれば スワップ金利という 日々付く利息が 買いの立場ではもらえますし
結構いい金額になりますので このスワップ金利を目当てに1:1で預金している人も少なくありません。
プラス 値上がりでのインカムゲインもあれば 御の字。

知らない世界、まして 怖い噂を聞くと怖いですが
世界中に証券屋さんが山ほどあるということは そう遠くて関係ない話でもありません。

一つの方法として 知って 体験してみるのも悪くないかなと思います。
私は会社に投資、応援するという気持ちで出来る 株 が好きです♪
スポンサードリンク



Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です